logo

日立、液晶テレビ「Wooo」に22V型、26V型の新機種--エッジ型LEDバックライトを採用

加納恵(編集部)2010年01月25日 17時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立コンシューマエレクトロニクスは1月25日、液晶テレビ「Wooo」シリーズにおいて、22V型の「L22-HP05」と26V型の「L26-HP05」の2機種を発表した。エッジ型LEDバックライトを採用している。3月3日に発売する。店頭想定価格はL22-HP05が11万円前後、L26-HP05が13万円前後となる。

 いずれも、250Gバイトの内蔵HDDとカセットHDD「iVDR-S」が利用できる「iVポケット」を備えた録画テレビ。HDトランスコード/トランスレート技術「XCodeHD」により、ハイビジョン画質のまま通常時の8倍の録画を実現し、250GバイトHDDには、最大約200時間の長時間録画ができるという。

 バックライトには、パネルの下部にLEDを配置したエッジ型 LEDバックライトを採用。26V型では録画機能を搭載していない従来機「L26-H03」に比べ、年間消費電力量を約9%削減したとのことだ。

 搭載チューナーは、地上、BS、100度CSデジタルチューナ2基と地上アナログチューナー1基。番組録画中に録画済みの別番組を再生できる「同時録画再生」と「追いかけ再生」に対応する。さらに再生時には独自のシーン解析アルゴリズムにより、番組のみどころシーンを探す「いいとこジャンプ」「みどころシーンサーチ」といった機能も備える。

 ネットワーク機能は、アクトビラや「テレビ版 Yahoo! JAPAN」に加え、専用ポータルサイトの「Wooonet」を用意。携帯電話やPCを介して、静止画や動画をテレビに送れる有料サービス「ビデオ de メール」やテレビや携帯電話からテレビ画面上にメッセージを入力できる「メッセージボード・サービス」に対応している。

「L22-HP05」(左)、「L26-HP05」(右) 「L22-HP05」(左)、「L26-HP05」(右)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]