logo

インテル、32ナノプロセスの新プロセッサ3種を発表

藤本京子(編集部)2010年01月25日 16時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インテルは1月25日、東京都内にて「Intel Forum 2010」を開催し、「新2010インテルCoreプロセッサー・ファミリー」の新製品として3種類のプロセッサを発表した。

吉田氏 ウエハを手にするインテル 代表取締役社長の吉田和正氏

 イベント会場で基調講演に立ったインテル 代表取締役社長の吉田和正氏は、「インターネット利用者数は2009年9月末には17億3400万人にのぼった。インターネットの利用方法も、昔は検索やメールが主だったが、今ではSNSや動画、オンラインゲームなどさまざまだ。また、コンテンツの高品質化が進んでおり、HD対応、3D対応も求められている。今こそ“Time for a Change”、つまり家庭のライフスタイルが変革する時だ」と述べ、インテルのプラットフォームがその変革のきっかけになるとした。

 今回インテルが発表した3製品は、ハイエンドの「インテル Core i7プロセッサー」、スタンダードの「インテル Core i5プロセッサー」、廉価版の「インテル Core i3プロセッサー」だ。これらの新製品は、32ナノメートルプロセス技術で製造された初のプロセッサとなる。

 Core i7とCore i5では、「インテル ターボ・ブースト・テクノロジー」が搭載されている。これは、必要なときに自動的に処理速度を向上させ、必要のないときは電力を抑える技術だ。また、すべての新プロセッサに「インテル ハイパー・スレッディング・テクノロジー」が搭載されており、1つのコアで複数のスレッドを実行する。

 こうした技術により、「Core i5搭載のPCは、3年前のPCと比べると、音楽データの変換が1.9倍高速に、ビデオ編集が3.2倍高速に、写真編集が2.1倍高速になっている」と吉田氏は述べた。

Intel インテル社長の吉田氏を中心に、PCメーカーの幹部らが集まった

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]