logo

マウスコンピュータとエディオン、モンスターハンター フロンティア オンライン対応デスクトップPC 3モデルを発売

エースラッシュ2010年01月21日 21時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月21日、マウスコンピュータとエディオンは、共同企画のオリジナルPC「E-GG+」シリーズにWindows 7を搭載したゲーミングパソコン3モデルを追加、販売および受注を開始した。

 発売される3モデルは、OSのエディションおよびOffice Personal 2007の有無でバリエーションを付けたもので、ハードウェア構成は同じだ。本体はタワー型のデスクトップPCで、スピーカーおよびPS/2キーボード、USB光学式スクロールマウスが付属する。

 CPUはCore i3-530(2.93GHZ)を採用。4Gバイトのメモリと500GバイトのHDDを搭載し、グラフィックボードにはNVIDIA GeForce GT220/1Gバイトを採用している。光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブ機能付きのBlu-ray Discドライブで、10倍速書き込みに対応している。

 ベースモデルとなる「EGPI532GB50P」はOSにWindows 7 Home Premium 32bit版を搭載しており、価格は8万9800円。OSをWindows 7 Professional 32bit版にした「EGPI532GB50PR」の価格は9万4800円だ。「EGPI532GB50PR」をベースにOffice Personal 2007をプリインストールした「EGPI532GB50PO」は10万9800円となっている。

 いずれもモンスターハンター フロンティア オンラインの推奨モデルとなっており、非売品である「オリジナルインストールディスク」が付属。購入者特典としてゲーム内のオリジナル防具「デュオシリーズ」と、消耗品アイテムなどを詰め込んだ「便利アイテムセット【入門】」が入手できるイベントコードも付属する。

「EGPI532GB50P/EGPI532GB50PR/EGPI532GB50PO」 「EGPI532GB50P/EGPI532GB50PR/EGPI532GB50PO」

-PR-企画特集