logo

iPhoneか、Xperiaか?--ドコモ「Xperia」ファーストインプレッション - (page 2)

松村太郎 坂本純子(編集部)2010年01月22日 20時19分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NTTドコモ
SO-01B
内容:2010年は、日本における本格的なAndroid端末の立ち上がりが期待されている。そんな中、2010年の第一弾として登場したのがソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズの「Xperia」だ。いち早く触ったファーストインプレッションをお届けする。

Xperiaの特長的なインターフェース

  • ロック解除は弧を描くように画面をなぞる。

 Xperiaの1つの売りはインターフェースだ。Android OS 1.6にソニー・エリクソン独自の「UXプラットホーム」が搭載されている。ホームスクリーンも独自のものを搭載しているが、これに加えてライフログ・タイムライン管理機能を持っているTimescape、そしてメディアファイルの閲覧が可能なMediascapeの2つのインターフェースは目を見張るものがある。

  • Timescapeのインターフェース。写真をなぞりながら過去へさかのぼっていく。

 Timescapeを起動すると、画面の下部に機能を指定するダイヤルが表示され、上の部分はコンテンツや情報が時系列に並べられている。カメラなら写真が、電話なら通話履歴が、そのほかにもメール、SMS、mixi、Twitterなどのタイムラインが時系列で並び、指でなぞってぺらぺらと古いもの、新しいものを閲覧できるインターフェースだ。

 Mediascapeもタイムラインを意識させるメディアコンテンツのアプリケーション。音楽、ビデオ、写真などを切り替えながら、時系列に沿ったコンテンツを楽しめる。Timescape、Mediascapeともに、コンテンツや情報が美しいグラフィックスの中でスムーズに動いていく、ソニーらしいクールなユーザーインターフェースを実現している。

 Snapdragonという1GHzで動くチップセットを採用している点と、ユーザーインターフェースの作り込みの結果だと思われるが、このインターフェースに触っているだけでも、Xperiaを所有して使いこなしているという満足感が得られるのではないだろうか。

 ちなみにTimescape、Mediascapeともに、「∞」のマーク(インフィニティ・ボタン)が表示されている。このボタンを押すと、コンテンツや情報に関連する人やウェブサイトなどを瞬時に表示してくれる。

  • TimescapeはTwitter、Facebook、mixiなどのソーシャルウェブサービスに対応し、タイムラインを表示してくれる。

  • アプリのメニュー。Mora、PlayNowなど、ソニー・エリクソン独自のアプリケーションもプリセットされる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]