logo

KDDIと大塚商会、中堅中小企業向けプライベートクラウドで連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと大塚商会は1月18日、プライベートクラウドサービスを中堅中小企業向けに販売することで連携すると発表した。第1弾として大塚商会は、KDDIの基盤を利用した新しいサービスを、顧客のITシステムやネットワーク管理などを総合的に支援する「たよれーるマネージドネットワークサービス(仮称)」として5月31日より提供する。

 たよれーるマネージドネットワークサービス(仮称)は、KDDIの新型ネットワークサービスであるKDDI Wide Area VirtualSwitch(KDDI WVS)をネットワークプラットフォームとして利用し、顧客と大塚商会のデータセンター(統合監視センター)を閉域網で接続するというもの。

 これにより、従業員が10人の企業でも、1000人規模の企業と同レベルの高いセキュリティを持つITシステムが構築できるという。また、顧客が持つ機器やアプリケーション、システムの運用、管理を統合監視センターで行うため、ITシステムの構築運用コストを削減できるとのことだ。

 利用料金は月額2万790円(税込み)から。初年度1500社の導入を目指すとしている。

-PR-企画特集