logo

三菱自動車、電気自動車「i-MiEV」用電池パックの組立を内製化--増産に備える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱自動車は1月18日、電気自動車「i-MiEV」に搭載されている電池パックの組み立てを、同車の生産を担当している水島製作所に移管して内製化すると発表した。ラインの稼動開始は2010年6月頃を予定している。

 電池パックは現在、リチウムイオン電池を生産するリチウムエナジー ジャパン(LEJ)にバッテリトレイやトレイカバー、バッテリクロスメンバーなどを部品会社から納入し、LEJで電池と組み合わせた上で水島製作所に納入するという形を採っている。この組立工程を水島製作所に移管するという。LEJからの電池調達に変更はない。

 i-MiEVの国内販売の本格化や欧州向け輸出、2010年後半から始まるPSAプジョー・シトロエン向けの供給を控え、生産過程における物流や管理を見直すことで増産余地を確保し、競争力を高めるのが狙いとのことだ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]