logo

ヒーリングサウンドをミックスできるデジタルフォトフレーム「HAPPY FRAME」

加納恵(編集部)2010年01月15日 10時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアコミュニケーションズは1月14日、デジタルフォトフレーム「HAPPY FRAME」シリーズを発表した。7インチの「HF-A700」と8インチの「HF-A800」をラインアップする。価格はオープン。

 いずれも内蔵メモリに小鳥のさえずりや海辺のさざなみなど、5種類の環境音を収録し、スライドショーにミックスして視聴できる。

 2Gバイトの内蔵メモリに静止画を取り込めるほか、SDカード、メモリースティック、USBメモリにも対応する。対応ファイルは、JPEG(写真)、MP3(音楽)、MotionJPEG(動画)となる。

 7インチのHF-A700は、800×480ドットでアスペクト比は15対9。ブラック、ホワイト、ピンクの3色を揃え、ピンクには写真が浮いたように見える特殊加工フレームを採用する。発売は1月下旬から。店頭想定価格は1万5000円前後となる。

 8インチのHF-A800は、800×600ドットでアスペクト比は4対3。ボディカラーはブラックのみとなる。発売は2月上旬から。店頭想定価格は1万7000円前後となる。

8インチの「HF-A800」と7インチの「HF-A700」 8インチの「HF-A800」と7インチの「HF-A700」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]