logo

ソニーが打ち出すビデオカメラ新ジャンル「bloggie」--日常をHD画質でチョイ撮り

加納恵(編集部)2010年01月14日 18時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月14日、ビデオカメラの新ブランドとして「bloggie」(ブロギー)を立ち上げた。ハイビジョン画質で日常をチョイ撮りするモバイルHDスナップカメラをコンセプトにしている。

 bloggieとして発売されるのは、「MHS-PM5K」(PM5K)と「MHS-CM5」(CM5)の2機種。2月5日に発売する。価格はオープンだが、店頭想定価格はPM5Kが2万7000円前後、CM5が3万円前後となる。

 いずれも1920×1080ドットのフルハイビジョン画質で動画撮影ができるほか、500万画素の静止画撮影を実現。本体にはUSB端子を内蔵したほか、PC接続することで、撮影した映像、画像をウェブにアップロードしたり、メールに送ったりできるPCアプリ「PMBポータブル」を備える。

 携帯電話のような縦型デザインを採用したPM5Kは、500万画素の1/2.5型 CMOS センサを内蔵。2.4型の液晶モニタは再生時の横向き表示にも対応する。

 記録メディアには内蔵26Mバイトメモリ、メモリースティック、SD/SDHCメモリーカードを採用し、本体には4Gバイトのメモリースティック PRO デュオが同梱される。

 回転式レンズで、自分撮りもできるほか、360度同時に撮影ができる「360ビデオレンズ」を標準装備。レンズ部に装着すると撮影者を含めた360度撮影ができるという。

 本体サイズは、高さ108mm×幅19mm×奥行き54mmで重量は130g。電源はリチウムイオンバッテリ。ボディカラーとしてピンク、ホワイト、ブルーがラインアップされるほか、ソニースタイル限定モデルとしてバイオレットが用意されている。

「MHS-PM5K」 「MHS-PM5K」

 CM5は、1/2.5型 CMOSセンサを内蔵。光学5倍、デジタル20倍ズームを備えた。USB端子のほか、HDMI端子も搭載している。記録メディアは内蔵26Mバイトメモリ、メモリースティックデュオとSD/SDHCメモリーカードに対応。本体サイズは、高さ101.4mm×幅39mm×奥行き67.1mmで重量は196g。電源はリチウムイオンバッテリだ。

「MHS-CM5」 「MHS-CM5」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]