logo

シャープ、ドキュメンタリーや教育番組コンテンツを搭載した電子辞書「Brain」シリーズなど発表

坂本純子(編集部)2010年01月12日 15時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは1月12日、100本の学習動画コンテンツを新たに搭載したカラー電子辞書「Brain」シリーズ「PW-AC910」「PW-GC610」の2機種8モデルを発表した。1月22日に発売する。

  • カラー電子辞書「Brain」シリーズ「PW-AC910」「PW-GC610」

 いずれも動画コンテンツを再生できるのが特長だ。生活総合系モデルのPW-AC910は、「地球の環境問題」や「動物の知られざる生態」などドキュメンタリー関連の動画を中心に100本。高校生向けモデルのPW-GC610は、NHK教育テレビの番組を再編集した「古文・漢文」「科学・物理実験」など学習指導要領に合わせた動画を中心に100本を搭載している。

 さらに、Brain専用サイトからコンテンツを購入して追加できる。大学受験予備校の「代々木ゼミナール」やe-ラーニングの「ベリタス・アカデミー」の動画教材が用意されているという。また、3つの資格検定「英検」「漢検」「TOEIC」の学習をサポートし、画面をタッチしながら対話形式で学習できるとのことだ。

 価格はいずれもオープンで、PW-AC910の実売想定価格は3万6000円前後、PW-GC610は3万8000円前後。

  • 「Papyrus」シリーズ「PW-GM510」

 このほか、高校生向けの43コンテンツを収録した、コンパクトサイズの電子辞書「Papyrus」シリーズの「PW-GM510」も同日発表した。

 4.5型ワイドのモノクロ液晶を採用し、図表付きの「広辞苑 第六版」をはじめ、高校生の学習に役立つ6教科10科目を含む43コンテンツを収録しているという。価格はオープンで、実売想定価格は2万2000円前後。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]