logo

キヤノン、EOSシリーズ用の高性能望遠ズームレンズを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは1月6日、一眼レフカメラEOSシリーズ用交換レンズの新製品として、報道・スポーツや風景撮影に適した高性能望遠ズームレンズ「EF70-200mm F2.8L IS II USM」を発表した。3月上旬に発売する。価格は30万円。

 EF70-200mm F2.8L IS II USMは、2001年9月発売の「EF70-200mm F2.8L IS USM」の後継機種として開発された大口径の望遠ズームレンズ。ユーザーからの要望を取り入れ、画質と耐久性を向上させたという。

 新たに蛍石1枚を採用するとともに、UDレンズ(特殊低分散ガラス)を従来製品から1枚追加して5枚搭載。これにより色収差の発生を極小に抑えながら、ズーム全域において高解像で高コントラストな描写を実現したという。

 シャッタースピード換算で、従来製品から1段分向上した約4段分の手ブレ補正機構を搭載。また、ズーム全域での最短焦点距離を1.4mから1.2mに短縮し、より被写体に近づいた撮影ができるとのことだ。

 マウントやスイッチ、フォーカスリングなどに防塵・防滴構造を施し、ホコリや水分の侵入を抑えた。

「EF70-200mm F2.8L IS II USM」 「EF70-200mm F2.8L IS II USM」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]