logo

ソニー、Discovery、IMAXが米国で3D専用テレビネットワークを設立

加納恵(編集部)2010年01月06日 13時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Discovery Communications(Discovery)、IMAX Corporation(IMAX)、ソニーの3社は1月6日、3D映像を専門に放送するテレビネットワークを立ち上げる合弁会社の設立を発表した。米国を皮切りに3D放送をスタートさせる。

 スタート時期は2011年としており、自然史、宇宙、探検、冒険、工学、科学、技術、映画、子供向け番組などを3Dコンテンツとして提供する予定だ。将来的には米国以外の地域における配給も検討していくという。

 Discoveryはテクニカルサポートを含むネットワークサービス、ソニーは3D映画、音楽・ゲーム関連における3Dコンテンツのテレビ権利化の検討、IMAXは3D映画のテレビ権利化の推進、自社所有の映像関連特許や3D技術のライセンス提供などを担当する。また、テレビ放送、販売店、劇場などを通してプロモーションを展開する。

 3社は、豊富なコンテンツや3D技術のノウハウを結集させることで、家庭における3Dコンテンツをリードしていく構えだ。

-PR-企画特集