NTTドコモと富士通、LTE導入に向けたネットワーク障害対策技術を開発

松田真理(マイカ)2009年12月16日 19時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモと富士通は12月16日、「サイレント障害」の検出および発生区間の特定技術を共同開発したことを発表した。サイレント障害とは、ルータ装置が内部の故障を検出せず、ネットワーク管理者にアラームが行き届かない障害のことだ。

 通常、サイレント障害を検出するためには、専用の監視装置をIPネットワーク上に設置し、試験データの送受信結果を用いて分析する方法が一般的だ。しかし、今回開発した技術では、データロス率や遅延状況などの測定結果を合わせて分析することで、障害発生を早期に検出できるという。これにより、一般的な手法と比較して、障害発生区間の特定に必要な時間を最大80%短縮できるとしている。

 今回開発した技術によって、LTEの導入に向けてNTTドコモが進めているネットワークのIP化において、障害発生時のサービス復旧時間がさらに短縮できるとのことだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加