logo

Flash Player、Airに意図しないプログラムを実行される脆弱性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 警察庁サイバーポリスは12月9日、Adobe Systemsが「Adobe Flash Player」および「Adobe AIR」に対するセキュリティ修正プログラムを公開したと発表した。新たに発見された脆弱性に対処するためのものだ。

 脆弱性が存在するバージョンは、Adobe Flash Player 10.0.32.18およびそれ以前、Adobe AIR 1.5.2およびそれ以前。脆弱性は複数存在し、悪用されるとリモートの攻撃者からアプリケーションをクラッシュされたり、システムのコントロールを奪取されて任意のコードを実行されたりする可能性がある。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集