史上最強のトンデモ!「ヒゲ剃りケータイ」登場--中国トンデモケータイ図鑑 - (page 3)

パッケージをあけると、そこには!

 ではパッケージをあけてみよう。真ん中に収まっているのがこの史上最強なヒゲ剃りケータイ「容尊758」だ。なお本体カラーは3色あるそうだが、今回は中国っぽくゴールドをチョイスしてみた。しかしこうして見てみるとただのケータイが入ってるだけのようにしか見えないなぁ。もしもケータイショップのショーウィンドウにこのケータイが置かれていても、よーく見ないとこれがヒゲ剃りケータイであるとは誰も気がつかないかも。

 また電池は2つ付属してくるが、デザインが全然違う。でもどっちにもメーカー名が入っているから全く同じもののようだ。両方で生産年月が違うので単純なロット違いなのかもしれないのだが、このあたりのテキトーさはいかにもトンデモケータイならでは。金色のバッテリーのほうがあとから作られたので、本体の色にあわせてラベルも同じ色にした、なんて細かいことまで考えているのかもしれない。

 さてパッケージ内には不思議な付属品が一つ。ブラシだ。そう、そう、ヒゲをそったあとは掃除が必要だからね。てなことでヒゲ剃りケータイならではの付属品であるわけだ。でも恐ろしく品質は安っぽい。トンデモケータイの生産地、中国・深センにはおそらくヒゲ剃りメーカーも多数あるだろうから、どうせ近所の工場に行って「安いブラシよろしく」ってことで仕入れてきたものなんだろう。

パッケージを開くとヒゲ剃りケータイが鎮座 パッケージを開くとヒゲ剃りケータイが鎮座(※画像をクリックすると拡大します)
本体色は3色あるようだ 本体色は3色あるようだ(※画像をクリックすると拡大します)
付属の電池は、なぜかデザインが違う 付属の電池は、なぜかデザインが違う(※画像をクリックすると拡大します)
ヒゲ剃りケータイならではの付属品、ブラシ! ヒゲ剃りケータイならではの付属品、ブラシ!(※画像をクリックすると拡大します)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]