logo

マイクロソフト、「Folio」および「NXT」事業をRocket Softwareに売却

文:Josh Lowensohn(CNET News) 翻訳校正:矢倉美登里、長谷睦2009年12月03日 11時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間12月2日、マサチューセッツ州に本拠を置くRocket Softwareに「Folio」ならびに「NXT」事業を売却すると発表した。

 Folio(今後の製品名は「Rocket Folio」)は、4つのパブリッシングツールからなるスイートで、NXT(今後の製品名は「Rocket NXT」)は、イントラネットでの文書の公開を管理するソフトだ。Microsoftはこの2つの事業を、2008年に総額12億ドルでFast Search & Transferを買収した際に獲得した。2日に発表された売却の条件はまだ明らかにされていない。

 今回の両部門買収により、Rocket Softwareは料金請求および顧客サービスに関する業務をMicrosoftから引き継ぐ。業務移行に関するFAQページも作成され、両社のホームページでそれぞれ公開されている。さらにRocket Softwareでは、9日にオンラインセミナー形式のタウンホールミーティングを主催し、今回の移行について説明する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集