エプソン、薄さ約20mmのスリムモバイル「Endeavor NA501E」--6万円台を実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エプソンダイレクトは12月1日、薄さ約20mmのスリムボディにインテル製の超低電圧プロセッサを搭載したノートPC「Endeavor NA501E」を発表した。

 同社のオンラインショッピングサイトおよびコールセンターを通じて、12月中旬から販売する。価格は、基本構成のインテル Celeron プロセッサ 743搭載モデルが6万4890円、インテル Core 2 Duoプロセッサ SU9400搭載モデルが8万4840円となる。

 Endeavor NA501Eは、薄さ約20mm(最薄部19.6mm、最厚部20.8mm)、質量約1.48kgのスリムボディに、光が映り込みにくいノングレアタイプの13.3型WXGAカラー液晶を搭載したモバイルノートPC。

 パームレスト部分にはソフトレザーペイントを施した。天板にはヘアライン加工とアルマイト処理をし、ブルーイッシュブラックの落ち着いたカラーリングを採用した。

 従来に比べて消費電力を大幅に抑えたインテル製超低電圧プロセッサを採用し、超低電圧版インテル Core 2 Duo プロセッサ SU9400と、超低電圧版インテル Celeron プロセッサ 743から選択できる。

 HDDは160Gバイト、メモリは1Gバイト(最大4Gバイトまで選択可能)を搭載。また、無線LANを標準搭載し、無線LANのアクセスポイントがあれば自宅やオフィス、外出先からでもインターネットへの接続やメールの送受信が可能だ。

 OSには、Windows 7 Home Premium、Windows 7 Professionalのほか、Windows 7 Professionalのダウングレード権を使用することでWindows XP Professionalも選択できる。

「Endeavor NA501E」 「Endeavor NA501E」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加