昭和シェルソーラー、宮崎県に太陽光発電所を建設へ

加納恵(編集部)2009年11月27日 18時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昭和シェル石油の子会社である昭和シェルソーラーは11月27日、宮崎県に太陽光発電所を建設すると発表した。2010年中の発電開始を予定している。

 太陽光発電所の建設は、宮崎県の補助事業と一般社団法人新エネルギー導入促進協議会の「地域新エネルギー等導入促進事業」として実施されるもの。シリコンを使用しない太陽電池、CIS太陽電池を利用する。

 今回の建設にあたり、昭和シェルソーラーでは、宮崎県と太陽光発電事業に関するパートナーシップ協定を締結したという。

 太陽光発電所は、同社の太陽パネル製造工場である宮崎第2工場の隣地に建設。宮崎第2工場内の使用電力として利用するという。発電規模は1000キロワットとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加