アドビ、次期FlashおよびAIRのベータ版を公開

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年11月17日 17時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Labsは米国時間11月16日、「Flash Player 10.1」および「AIR(Adobe Integrated Runtime)2」のテストバージョンを公開した。

 Flash Player 10.1において注目すべきは、Mac OS X、Windows、Linux搭載のコンピュータだけではなく、多くのスマートフォンもサポートしているという点だ。ただし、このサポートはまだ組み込まれていない。一方、H.264ビデオフォーマットのハードウェアベースのデコードが提供可能となっている。Adobeでは、これによりパフォーマンスとバッテリ寿命が向上すると述べている。また、Adobeのコンテンツ保護技術と結びついたHTTPストリーミングもサポートしている。

 「Palm Pre」スマートフォン向けFlash Player 10.1が年内に登場するだろうとAdobeでは述べており、全システム向けの正式バージョンが2010年前半に予定されている。

 AIR 2.0は、Flash Player10.1が組み込まれ、デスクトップコンピュータとの密接な統合が図られている。例えば、USBストレージデバイスとのやりとり、マルチタッチユーザインターフェースのモニタリング、マイクロホンオーディオデータの利用、HTML5およびCSSバージョン3を利用したウェブページのレンダリング、ゲーム内でのチャットに便利なUDPネットワークの使用が可能となる。

 AIR 2の正式版も2010年前半に予定されている、とAdobeでは述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加