logo

パーム、「webOS 1.3.1」をリリース

文:Bonnie Cha(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年11月17日 13時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Palm Pre」を所有するユーザー(と米国時間11月15日に発売された「Palm Pixi」を購入した人)向けに先週末、「webOS 1.3.1」のダウンロード提供が開始された。

 webOSの最新版では、米Yahooのコンタクトやカレンダー、インスタントメッセージングと「Palm Synergy」との統合、テキストメッセージ転送、カスタム着信音のサポート、「Google Apps」および「Yahoo Small Business Domain」電子メールアカウントのサポートといった新しい機能が盛り込まれている。webOS 1.3.1はまた、数件のバグが修正されており、詳しくはPalmのウェブサイトで確認することができる。

 しかし、webOS 1.3.1には、一部の隠された機能があるようだ。Precentral.netでは、ユーザーが発見した言及されていない機能や全体的なパフォーマンスにおける変更点をいくつか列挙している。主なものは、以下の通りである。

  • フォトアプリケーションの応答の高速化
  • Trash電子メールフォルダのDelete allオプション
  • 国際電話設定
  • 動画録画機能が計画中であることをうかがわせる兆し

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集