logo

マンハッタンの新しいApple Store--アップルの積極的な小売戦略の狙い - (page 2)

文:Marguerite Reardon(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年11月18日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この戦略は功を奏しているようだ。Appleはこの1年間、同社製品群の総売上と市場シェアを拡大しており、この傾向はMacで特に顕著だ。IDCによれば、Appleは2009年第3四半期、前年同期比17%増となる約300万台の新しいMacを販売したという。IDCはまた、これは、約2%しか増加しなかった世界PC市場全体の成長率を大きく上回るとしている。Appleは直近の20四半期のうち、19四半期において市場全体の売り上げの成長率を上回った。

 Appleは、総売上は増加したが、市場シェアについてはそれほど拡大していない。しかし、同社はささやかな前進を続けている。ここ1年間を見ると、Appleは2008年第3四半期に8.6%だった市場シェアを、2009年第3四半期にはどうにか9.4%まで押し上げている。Appleはコンピュータ市場全体で、Hewlett-Packard(HP)、Dell、Acerに続いて4位につけている。

 2001年にAppleが第1号店をオープンしたとき、多くの人は、同社の小売戦略が少しでもうまくゆくのかと疑問を呈した。しかし、それから8年が経過し、直営店の数が279となった今、小売事業はAppleにとって大きな収入源となっている。Johnson氏によれば、Appleの2009会計年度における299億ドルの売上高のうち、66億ドルは直営店から発生したものだという。

 直営店の中には、マンハッタンのプラザホテルの向かいでガラスキューブの下に位置するFifth Avenue店のように、観光スポットになっているところもある。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]