パンフレットと連動するラック型デジタルサイネージ--関西テレビら実証実験

新澤公介(編集部)2009年11月13日 15時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 関西テレビ放送とアイルド、フィールドメディアネットワークの3社は11月12日、ラック型のデジタルサイネージ端末「poppy・vision(ポッピービジョン)」を用いてコンテンツPRの実証実験を開始したと発表した。実証実験は11月4日から1カ月間、キッズプラザ大阪にて実施する。

 実証実験では、32型の液晶ディスプレイを搭載したpoppy・visionに、関西テレビ放送が保有する番組やイベント情報、DVDのコンテンツ映像などを配信。また、poppy・visionのラック部分には赤外線センサが設置されており、ユーザーが手に取ったパンフレットと連動したコンテンツを表示する。このほか、筐体にはFeliCaポートが設置されており、ユーザーは携帯電話をポートにかざすとモバイルサイトへアクセスできる。

 3社は、poppy・visionを用いてコンテンツの放映回数と携帯電話からのアクセス回数、パンフレットの持ち帰り枚数を計測し、デジタルサイネージの効果を検証していく。

「poppy・vision」 「poppy・vision」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加