NTTドコモ、「地図アプリ」の検索結果をカーナビに転送

松田真理(マイカ)2009年11月12日 19時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは11月20日、トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業のカーナビ向けに目的地情報を送信するサービスを開始する。

 このサービスでは、2009年度冬春モデルの12機種に搭載する「地図アプリ」を利用する。地図アプリで目的地情報を検索し、送信ボタンを押すと、各社のテレマティクスセンターにデータが送られ、カーナビにダウンロードできるようになるという仕組みだ。これにより、目的地情報を事前にメモして、カーナビ上で文字入力する手間が省けるという。

 対応する通信カーナビ向けサービスは、トヨタ自動車の「トヨタ G-BOOK」「レクサス G-Link」、日産自動車の「日産 カーウイングス」、本田技研工業の「インターナビ・プレミアムクラブ」。

 対応機種は、F-02B、N-01B、P-02B、SH-02B、SH-04B、F-01B、F-04B、N-02B、P-01B、SH-01B、F-03B、SH-03Bとなっている。

サービスの利用イメージ サービスの利用イメージ
「地図アプリ」の操作方法 「地図アプリ」の操作方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加