KDDIの通信モジュール契約数、100万回線を突破

松田真理(マイカ)2009年11月09日 15時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIおよび沖縄セルラーは、2001年より提供している通信モジュールの累計契約数が、10月2日に100万回線を突破したと発表した。

 通信モジュールは、業務用車両やカーナビゲーション、自動販売機、ハンディターミナルなどの製品に組み込んで使用する製品。KDDIのモジュールでは、au携帯電話の通信機能を使って衛星電波の届かない屋内や地下でもおおよその位置測位ができる「gpsOne」、無線経由でID情報の書き込み/消し込みをし回線を開通/停止する「OTA」、緊急地震速報などの機能が利用できる。

 ラインアップは京セラ製「KCMP」「KCMV-200」「KCMX-100」、セイコーインスツル製「WM-M200A」「WM-M210A」の5タイプがある。

 またKDDIでは、通信モジュールのパートナー企業から通信モジュール組み込み製品の開発、営業、プロモーションなどを無償で受けられる「通信モジュールパートナープログラム」も提供している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加