logo

Barnes & Noble、電子書籍端末「nook」で訴訟に直面

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年11月04日 12時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シリコンバレーの新興企業Spring Designは米国時間11月2日、電子書籍端末「nook」の開発に関して企業秘密を悪用されたとして、Barnes & Nobleを訴えた。

 カリフォルニア州クパチーノに拠点を置くSpring Designによれば、同社はBarnes & Nobleと守秘義務契約(NDA)を結んでおり、2009年になってから、電子書籍端末に関する計画についてBarnes & Nobleと話し合いを行ってきたという。

 「2009年初頭以降、SpringとBarnes & NobleはNDAの範囲内で協力し、BarnesandNoble.comのプレジデントを筆頭とする幹部陣と会議や電子メール、電話会議などを通じて、Alexの特徴や機能性、性能に関する機密情報について話し合ってきた」とSpring Designは声明で述べた。「そうしたやりとりの中で、Barnes & Nobleのマーケティングや技術を担当する幹部陣は一貫してAlexの『革新的な』機能を称賛したが、nookの一般向け発表まで、それらの機能をBarnes & Nobleが使っていることについて一言も触れなかった」(Spring Design)

 Spring Designが出したこのプレスリリースでは、訴訟を提起した先の裁判所の名前や、求めている損害賠償の内容については触れられていない。

 「Alex」というのは、Barnes & Nobleによるnook正式発表のほんの数日前に、Spring Designが発表した電子書籍端末。いずれの電子書籍端末も「Android」OSを使用しており、E-inkスクリーンとカラーのタッチスクリーンを搭載している。

 Spring Designの販売およびマーケティング担当バイスプレジデントであるEric Kmiec氏によると、同社は2006年よりAlexの開発に取り組んでいるという。

 「残念なことに、Spring Designは自分たちの知的財産権を守るために、適切な行動をとらざるを得なくなった」とKmiec氏は声明の中で述べた。「われわれは、一致協力して高性能なデュアルスクリーン搭載電子書籍端末を市場に提供するために、善意を持ってAlexの設計をBarnes & Nobleに開示した」(Kmiec氏)

 Barnes & Nobleの関係者にもコメントを求めようとしたが、すぐには回答を得られなかった(本稿執筆後の11月3日午前9:30、Barnes & Nobleから訴訟についてはコメントしないとの回答を得た)

 Amazonの「Kindle」と真っ向から衝突するBarnes & Nobleのnookは、11月末に259ドルで発売される予定だ。

 以下がAlexの写真。

nook
提供:Spring Design

 nookと比較してみよう。

nook
提供:Barnes & Noble

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集