NECとKDDI、デジタルサイネージを用いた共同実験を実施--auショップにて

新澤公介(編集部)2009年11月02日 16時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECとKDDIは11月2日、デジタルサイネージを用いた実証実験を共同で実施すると発表した。auショップ「池袋東口」および「光が丘IMA」にて、同日から2010年1月中旬まで実施する。

 実証実験では、auショップ内にディスプレイを2台設置し、店内と店外向けにそれぞれコンテンツを配信する。店内向けコンテンツは、飲食店情報検索サイト「ぐるなび」の飲食店情報などを配信するとともに、来店者の携帯電話とFeliCaリーダ/ライタやQRコードを併用してモバイルサイトへの誘導を図る。一方の店外向けコンテンツは、KDDIのサービスや携帯電話に関する情報に加えて、地域に密着した情報なども配信するという。

 また、NECが7月より提供しているデジタルサイネージソリューションサービス「PanelDirector」の視認効果測定機能により、表示されているコンテンツに対する来店者の興味の度合いなども測定するとしている。

 今回の実証実験を通じて、KDDIはデジタルサイネージと携帯電話を組み合わせた活用方法を検証していく。NECは、デジタルサイネージを用いたサービスの立ち上げやシステムの拡充を支援していくとしている。

「店内向けディスプレイ」(左)、「店外向けディスプレイ」 (右) 「店内向けディスプレイ」(左)、「店外向けディスプレイ」 (右)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加