logo

マイクロソフト、会計ソフト「Office Accounting」を提供終了へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Microsoftは米国時間10月30日、ビジネス会計ソフト「Office Accounting」製品ラインの提供を11月15日に終了する計画を明らかにした。同製品は2005年に発売されたが、市場シェアの獲得に失敗し、その後は小売りから撤退してオンラインのみで販売されている。同社は、米国および英国で販売している全Office Accounting製品とともに、無料の「Office Accounting Express」も提供を終了する予定である。また同社は、Office Accountingに関連する多くのサービスを終了するが、同製品のサポートは継続する計画である。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集