アップル、「Apple TV 3.0」ソフトウェアをリリース

文:Don Reisinger(Special to CNET News) 翻訳校正:中村智恵子、福岡洋一2009年10月30日 11時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間10月29日、「Apple TV」の最新版ソフトウェア、バージョン3.0の提供を開始した。

 Appleによると、この無料ソフトウェアのアップデートでは、ユーザーが探しているコンテンツを見つけやすくするためにメニュー構成を変更したという。

 今回のアップデートで最大の特徴となるのはAppleが最近発表した「iTunes Extras」と「iTunes LP」が追加されたことだろう。iTunes Extrasは、「iTunes Store」の特定の映画でカットされたシーンや出演者へのインタビューといった特典映像にアクセスできる機能だ。iTunes LPでは、歌詞やライブパフォーマンスビデオなど、特定のアルバムに関連するビジュアルコンテンツがユーザーに提供される。

 Appleはまた、Apple TVでインターネットラジオが視聴できるようになったことも明らかにした。WCBSやK-Rockをはじめとする複数のインターネットラジオ局の視聴が可能になった。他にも、「iTunesのライブラリから自動的に生成される最大12曲のエンドレスミックスの視聴」が可能になる「Genius Mixes」もサポートされる。「iPhoto」ユーザーなら、お気に入りの写真を簡単に見つけられる「iPhoto Events」や、顔認識で写真を区別する「iPhoto Faces」も利用できる。

Apple TV 提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加