logo

音楽ビデオサイト「VEVO」にオイルマネーが出資

文:Greg Sandoval(CNET News) 翻訳校正:緒方亮、高橋朋子2009年10月20日 14時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 音楽ビデオサイト「VEVO」の資金提供者に、アラブのメディア複合企業が加わった。

 VEVOが、アラブ首長国連邦(UAE)政府の所有する企業、Abu Dhabi Mediaから資金を獲得したことが米国時間10月19日に発表された。金額は明らかになっていない。

 VEVOは、世界最大のレコード会社Universal Music Group(UMG)によって2009年に設立され、その後、世界第2位のSony Music Entertainment(SME)がこのベンチャーに加わった。VEVOはYouTubeから技術支援を受け、2009年中にサービスを開始する予定だ。

 これまで報じられているところによると、Abu Dhabi Mediaは2007年、産油国のUAE政府により、同国のメディア開発の発展を目指して創設された企業だ。

 音楽ビデオはYouTubeでも飛び抜けて多く視聴されているジャンルだけに、VEVOはメディアの大きな注目を集めている。UMGがYouTubeに開設しているチャンネルは再生回数が50億回を超え、常にトップの座につけている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集