ニッセンと日販、書店を結ぶサイネージ端末「ほんやチャンネル」を共同展開

新澤公介(編集部)2009年10月20日 12時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 通販事業者のニッセンは10月19日、日本出版販売(日販)と共同でデジタルサイネージ事業を展開すると発表した。両社は10月21日から2010年1月下旬まで、書店向けデジタルサイネージ端末「ほんやチャンネル」を用いた実証実験を実施する。

 ほんやチャンネルでは、雑誌や書籍、DVDなど各店舗が扱う商品の広告やイベント情報、週間ランキングなどを放映する。FeliCaによる顧客のセグメント化も可能とのことだ。なお、端末は東和メックス製のデジタルサイネージ端末「BRID」をもとにしており、ソフトはストリートメディアが開発している。

デジタルサイネージ端末「ほんやチャンネル」

 実証実験は、日販と書店、出版社の3社がマーケット情報や売り上げデータ、在庫状況などを共有する取り組み「www.project(Triple Win Project)」に参加する書店50店舗にて実施される。ここで得たデータをもとに、効果的な商品訴求の手法や、出版社やメーカが店頭で販売促進するツールとしての確立を目指す。

 両社は2010年春以降、ほんやチャンネルを全国の書店店頭を結ぶデジタルサイネージとして本格展開するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加