logo

健康機器もFeliCaで「ピッ」--携帯電話と連携してデータ送信

永井美智子(編集部)2009年10月06日 21時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電子機器組み込み用のFeliCaモジュール「FeliCa Plug」が2010年1月に量産出荷される。これを内蔵した歩数計などの健康機器は、おサイフケータイにかざすと携帯電話を通じてデータをサーバに送信できる。CEATEC JAPAN 2009のNTTドコモブースでは、これらの試作機が展示されていた。

  • FeliCaモジュール「FeliCa Plug」2製品。いずれも2010年1月に出荷開始される

 FeliCa Plugは、電子機器製品に組み込むことで外部のリーダ/ライタなどとデータ転送できるソニー製有線端子付き無線インターフェースモジュール。従来のFeliCaチップと違ってメモリやCPUを搭載していないため、小型化、低コスト化が可能になったという。NTTドコモブースで展示されていたのは、このFeliCa Plugのモジュールと、それを組み込んだ歩数計や血糖測定器、体組成計などの試作機だ。

 たとえば歩数計の場合、おサイフケータイ対応携帯電話端末にかざすとデータが自動的に専用サーバに送られる。さらに、このデータを日別に表示したグラフなどが携帯電話上に表示される。

 NTTドコモではすでに、健康機器からデータを取得してサーバに送信し、健康関連サービスを提供する「ウェルネスサポート」を提供している。ただ、これまで小型機器の場合は赤外線でデータをやりとりしていた。FeliCa Plugを採用することで、ユーザーはより手軽に健康機器と携帯電話を連動できるとのことだ。

  • 歩数計と携帯電話が連動すれば、歩数の推移を携帯電話で見られるようになる

  • FeliCa Plugを搭載したテルモの血糖測定器と、エステラの歩数計の試作機

  • 同じくFeliCa Plugを搭載したエー・アンド・デイの体重計、オムロンヘルスケアの体組成計、エー・アンド・デイの血圧計の試作機

-PR-企画特集