logo

NEC、キリンビールに「商品情報システム」を納入、商品関連情報を一元管理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NEC(矢野薫社長)は、キリンビジネスシステム(横溝治行社長)と共同で、キリンビールの約1000点の商品原材料・包材・製造工程・産地などの情報を一元管理し、卸・小売業者に提示する「商品情報システム」を構築した。

 「商品情報システム」は、各種情報を一元管理するNECの「Obbligato II 食品業向けPLMソリューション」を活用。。各商品とその原材料・配合・包材・画像を関連付けて1つの統合データベースで管理する。各卸・小売業者から要求されるフォーマットに合わせて原材料や製造工程・添加物の有無・賞味期限などの情報を記載する商品規格書を自動作成する機能も搭載した。なお、システムは、キリンビジネスシステムがデータセンターで運用管理し、ネットワークを介してサービスを提供している。

 キリングループは、消費者ニーズの多様化や食の安全・安心に対する関心の高まり、卸・小売業者からメーカーに対する商品情報開示要求の増加などに対応するため、商品情報を効率的に管理・開示できる仕組み作りが重要だと判断。配合や原材料情報を一元管理し、商品情報を「見える化」する「商品情報システム」の導入を決断した。

 「商品情報システム」の導入で、部門間で商品成分や原料などの最新情報を共有したり、営業担当者や流通各社に迅速に情報提供したりできるようにした。今後は、キリンビールに続き、他のグループ企業にも導入する予定。

 NECはこれまで組み立て製造業の部品・製品管理向けに「Obbligato II」を開発・販売し、国内を中心に大手製造業500社以上の導入実績があるという。

NEC=http://www.nec.co.jp/
キリンビジネスシステム=http://www.kirinbs.co.jp/

-PR-企画特集