logo

KDDI、直感的にコンテンツを選択できる「FMBCスマートプラットフォーム」を開発

松田真理(マイカ)2009年09月29日 20時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDおよびKDDI研究所は9月29日、「ケータイ×TV連携、FMBCスマートプラットフォーム」(FMBCスマートプラットフォーム)を開発したと発表した。

 FMBCとは、固定通信、移動通信、放送を融合した通信サービスのこと。FMBCスマートプラットフォームでは、地上波放送やVOD、インターネットなどから見たいコンテンツを検索し、携帯電話やテレビなどで閲覧できるという。

 従来、コンテンツや情報を閲覧するには、地上波放送はTV番組表、ビデオ・オン・デマンド(VOD)はコンテンツリスト、インターネットビデオはウェブサイトからそれぞれ検索しなければならなかった。

 FMBCスマートプラットフォームでは、個人の好みからおすすめコンテンツを自動提示する「メディア横断おすすめ視聴」、空き時間を利用して番組のダイジェストが閲覧できる「テレビダイジェスト視聴」、家族で視聴するのに最適なコンテンツ情報を提供する「ファミリーコンテンツおすすめ視聴」、携帯電話で閲覧したニューステキストに該当する映像シーンをテレビ上で再生する「ケータイ・TV連携ニュース視聴」などの機能によって直感的にコンテンツを選択できるという。

 なお、FMBCスマートプラットフォームは、10月6日から10月10日に幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2009」のKDDIブースで展示する予定だ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]