logo

「すべてのバックライトをLEDへ」--シャープからLED AQUOSが誕生

加納恵(編集部)2009年09月29日 17時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは9月29日、液晶テレビ「AQUOS」シリーズにおいて、バックライトにLEDを採用した「LED AQUOS」LXシリーズをラインアップした。新開発のUV2 A液晶パネルと合わせ、次世代AQUOS画質を実現しているという。11月10日から順次発売される。価格はオープンだ。

代表取締役兼副社長執行役員の松本雅史氏 代表取締役兼副社長執行役員の松本雅史氏

 代表取締役兼副社長執行役員の松本雅史氏は「AQUOSは業界初の地上デジタルモデル、フルHDモデル、2008年にはBlu-ray Disc内蔵モデルなどを発売してきた。発売10年目を迎えるにあたり、AQUOSは大きく変わる。相性の良い次世代液晶パネルUV2 AとLEDバックライトを採用したLED AQUOSの発売を機に、今後はすべての液晶テレビのバックライトをLEDへ切り替えていく」とLEDの全面導入を明らかにした。

 LED AQUOS LXシリーズは、40V型、46V型、52V型、60V型の4サイズ展開。9月16日に開発発表された新パネルUV2 Aを採用したほか、バックライトに白色LEDを内蔵している。UV2 Aパネルと高精度の発光制御ができるLEDバックライトを組み合わせることで、200万対1という高コントラスト化と、現行機「GX」シリーズに比べ約30%以上の削減となる低消費電力化を実現したという。

 画像処理回路「AQUOS高画質マスターエンジン」も新規に搭載。動きのある映像をクリアに見せる「Wクリア倍速」とLEDバックライトのオン、オフで残像感を低減する「スキャン倍速」を組み合わせることで、高画質再生をサポートする。

 本体には、センサー技術やコンテンツ解析技術を用いた画質・音質調整機能も内蔵。合わせて、色温度やコントラストの異なる画像を表示し、好みの画質を選んでいくことでAQUOS側がユーザー好みの画質を把握し、調整する「好(こう)画質センサー」を搭載。一度調整した画質は保存され、常にユーザー専用に調整された高画質が視聴できるとのことだ。

 スピーカー部には、6つのスピーカーをテレビの左右と下部に配置した「ARSS」2.1ch3ウェイ6スピーカーシステムを備え、ウーファーユニットを2つ配置した「Duo Bass」と合わせ、クリアな再生音を実現する。

 全機種1920×1080ドットのフルHDパネルを採用。地上、BS、110度CSデジタルチューナーと地上アナログチューナーを内蔵している。

  • LC-60LX1(60V型、店頭想定価格:55万円前後)
  • LC-52LX1(52V型、店頭想定価格:45万円前後)
  • LC-46LX1(46V型、店頭想定価格:35万円前後)
  • LC-40LX1(40V型、店頭想定価格:25万円前後)
  • 「好画質センサー」の画質設定画面。好みの画像を選んでいく

  • 従来サンプルと「DuoBass」の比較。格段に大きい

  • LEDバックライトのシースルーモデル

「LED AQUOS LX」シリーズ 「LED AQUOS LX」シリーズ

-PR-企画特集