logo

日本HP、7万円台の法人向けモバイルノートPCを発売--13.3インチワイド液晶を搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカードは9月29日、13.3インチワイド液晶を搭載した法人向けモバイルノートPC「HP ProBook 4310s/CT Notebook PC」を発表した。フルカスタマイズ仕様モデルとして、オンラインストア「HP Directplus」とHP Directplusコールセンター、常時展示スペースHP Directplus Station、販売代理店HP Directpartnerにて、同日より販売を開始する。価格は7万5000円から。

 HP ProBook 4310s/CT Notebook PCは、プロセッサに通常電圧版のCore 2 Duoを採用したモバイルノートPC。7万円台からの価格を実現した。なお、プロセッサはインテル Core 2 Duo P8700、T9600、インテル Celeron T3000の3種類から選択可能だ。

 OSは、Windows Vista Business SP1または、Windows XP Professional SP3(Windows Vista Businessダウングレード)から選択が可能。メインメモリは1333MHz動作のDDR3メモリを最大8Gバイト搭載できるほか、HDDには7200rpmのシリアルATA HDDを搭載している。HDMIポートも標準装備だ。

 HDDを振動や落下から保護する「HP 3D ドライブガード」を内蔵したほか、キーボードと本体の間に静電・非浸透フィルムをはさみ耐水性を向上させる「スピルレジスタントキーボード」を採用している。

 USBポートや光学ドライブのアクセス許可をユーザーアカウントやグループごとに設定できる「Device Access Manager」機能といった、セキュリティ機能も多数搭載してほか、オプションとして、覗き見を防止する専用のプライバシーフィルタも用意している。

 ボディカラーは、ブラックとメルローの2種類から選択可能だ。

「HP ProBook 4310s/CT Notebook PC」 「HP ProBook 4310s/CT Notebook PC」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]