logo

Twitter、新たな資金調達ラウンドの完了を認める

文:Caroline McCarthy(CNET News) 翻訳校正:吉武稔夫、高森郁哉2009年09月28日 09時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterが巨額の資金を調達するという報道は正しかった。最高経営責任者(CEO)のEvan Williams氏は同社のブログ上で米国時間9月25日、Twitterが新たな資金調達ラウンドを完了したことを認めた。資金を拠出したのは、Insight Venture PartnersとT. Rowe Priceのほか、既存の出資者であるInstitutional Venture Partners、Spark Capital、Benchmark Capitalだ。

 Williams氏は「重要なラウンド」と述べているが、The Wall Street Journal(WSJ)が9月24日に報じた約1億ドルに実際の調達額が近かったかどうかについては言及しなかった。また、Twitterの企業価値が10億ドルと評価されたという件にも触れなかった。

 Williams氏はブログ記事にこう書いた。「われわれにとっては、不滅の価値を持つ企業を築くという当社のビジョンを共有する投資パートナーを見つけることが重要だった。Twitterの旅は始まったばかりで、われわれは可能な限り最高の製品、技術、企業を構築すべく取り組んでいる。私は、われわれがこれまで築いてきたチームを誇りにするとともに、これから一緒に築いていく将来に自信を持っている」

 Twitterは2009年末までに企業向けの有料アカウントを提供開始するとみられている。このアカウントを取得する企業は、Twitterのサービスを自社のマーケティングやプロモーション、顧客サービスなどに利用できるようになるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]