logo

富士フイルム、ウッドフレームを付属したデジタルフォトフレーム「DP-7V」

エースラッシュ2009年09月24日 20時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは9月24日、デジタルフォトフレーム「DP-7V」を発表した。10月10日に発売する。

 DP-7Vは7型液晶を搭載したデジタルフォトフレームだ。SVGA対応、総ドット数約144万ドットのディスプレイで、高精細な表示ができる。アスペクト比は4対3、視野角は左右140度、上下120度で、コントラスト比は500対1。512Mバイトのメモリを内蔵しており、表示できるのはJPEG、BMPの静止画に加えて、AVIとMOV動画、MP3の再生も可能となっている。

 本体には縦横位置を判別するセンサーが搭載されているため、縦置きも可能で、壁掛けにも対応。また、フレームカラーはブラックだが、これを覆って一回り大きな額装にするウッドフレームも付属している。メモリカードはxD-ピクチャーカード、SD/SDHCメモリーカード、メモリースティックなど、計14種類に対応しており、USBでPCと接続することもできる。表示は時計&カレンダー表示のほか、6種類のエフェクトが付いたスライドショー再生も可能だ。

 電源はAC電源で、オートパワーオフ機能を搭載。店頭想定価格は1万3000円前後となっている。

「DP-7V」 「DP-7V」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]