logo

デル、ゲーミングPC「Alienware」ブランドの新製品5機種を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルは9月24日、ゲーミングPCブランド「Alienware(エイリアンウェア)」の新製品として、デスクトップPC「Alienware Aurora」と「Alienware Aurora ALX」「Alienware Area-51」「Alienware Area-51 ALX」4機種と、ノートPC「Alienware M15x」1機種を発表した。

 Alienware AuroraおよびAlienware Aurora ALXは、省スペース性に優れたマイクロATXシャーシに高性能な最新テクノロジを搭載し、カスタマイズ性能に優れたハイエンドデスクトップPC。最新のインテル Core i7-920プロセッサと、インテル X58 Expressチップセットを搭載した。

  • 「Alienware Aurora」

 CPUはインテル Core i7-950/975プロセッサも選択可能とし、Alienware Aurora ALXではオーバークロックによる3.6GHzの動作を実現したインテル Core i7-975エクストリームエディションも選択できる。CPUの冷却には独自の液体冷却システム「Alienware ハイパフォーマンスリキッドクーリング」を採用し、グラフィック専用に独立した液状冷却システムも今後提供する予定だ。

 グラフィックカードは、クラス最高峰のNVIDIA GeForce GTX 295 1.8Gバイトを搭載可能なほか、ATI CrossFireXおよびDirectX 11に対応する1GバイトGDDR5 ATI Radeon HD 5870のデュアル・グラフィックも選択できる。

 OSは、メモリのパフォーマンスを最大限に活用できる64ビット版のWindows Vista TM Home PremiumまたはWindows Vista Ultimateから選択でき、1333MHzのDDR3メモリを最大24Gバイトまで搭載可能とした。ストレージは最大3TバイトHDD(7200回転)まで拡張可能なほか、より高速な256Gバイト SSDを選択できる。

  • 「Alienware Aurora ALX」

 なお、Alienware Aurora ALXは、筐体上部に開口可能なルーバー「Active Venting」を搭載。シャーシ内部の熱がソフトウェアで設定したレベルに到達すると、自動で開閉して排気するという。

 価格は、最小構成でAlienware Auroraが16万9800円から、Alienware Aurora ALXが20万9800円からとなる。

 Alienware Area-51およびAlienware Area-51 ALXは、パフォーマンスへの妥協を排除した最もパワフルな究極のゲーミングデスクトップPC。Alienware Area-51 ALXでは、工場出荷状態でオーバークロックによる最大3.86GHzの動作に対応したインテル Core i7-975エクストリームエディションを選択できる。

 CPUの冷却には、Alienware AuroraおよびAlienware Aurora ALX同様、Alienware ハイパフォーマンスリキッドクーリングを採用した。

 グラフィックカードは、SLI対応のNVIDIA GeForce GTX 295のデュアルグラフィックによるクアッドコアのGPUパフォーマンスおよび、ATI CrossFireX に対応したATI Radeon HD 5870が選択できる。

  • 「Alienware Area-51」

 Alienware Area-51は、1333MHzの DDR3メモリを最大12Gバイトまで、Alienware Area-51 ALXは1600MHzのDDR3メモリを最大12Gバイトまで搭載可能とし、ストレージは、6つのSATA2 ハードドライブベイによる拡張性を確保した。最大3TバイトHDD(7200回転)まで拡張可能なほか、256GバイトSSDを選択できる。

  • 「Alienware Area-51 ALX」

 Alienware Area-51 ALXの筐体には、アルマイト加工が施されたアルミニウムを採用した高品位なデザインを採用。また、Alienware Aurora ALX同様のActive Ventingを搭載するほか、筐体前面のドア開閉もソフトウェアでプログラム可能とした。

 価格は、最小構成でAlienware Area-51が25万円前後から、Alienware Area-51 ALXは35万円前後からとなる。

  • 「Alienware M15x」

 Alienware M15xは、15インチハイビジョン液晶ディスプレイを搭載したゲーミングノートPC。インテルのモバイル用CPUとして最高のパフォーマンスを備えたインテル Core i7-920XMプロセッサを搭載可能とし、グラフィックには高性能なNVIDIA GeForce GTX 260M 1Gバイトが選択できる。

 最大8Gバイトまで搭載可能なDDR3メモリを採用し、ストレージは最大500Gバイトを搭載できるHDD(7200回転)または256GバイトSSDから選択可能だ。価格は最小構成で18万7380円からとなる。

 Alienwareは、プレミアム・ゲーミング・ブランドとして、同社の個人向けPCの内で最もハイエンドに位置付けられる。今回発表された新製品は、デルとAlienware双方のチームで共同開発され、最高のパフォーマンスを生み出す最新技術や、PCゲーミング専用ならではのアグレッシブなデザイン、ユーザー個々のカスタマイズを可能にする専用ソフト 「Alienware Command Center」の搭載など、Alienwareブランドならではの特徴を豊富に備えたという。

 ALXブランドは、Alienwareブランドにおいて、スタンダード版を超えるより高いパフォーマンスや、より特徴的なデザイン、将来性の高い技術などを提供するシステムに付けられる名称で、スタンダード版のワンランク上の機能と価値を提供する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]