logo

三洋電機、ポータブルナビ「Gorilla」に簡単吸盤取り付けキットの新モデル

加納恵(編集部)2009年09月17日 18時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三洋電機コンシューマエレクトロニクスは、ポータブルナビ「Gorilla」シリーズにおいて「NV-SD630DT」「NV-SB541DT」「NV-SB531DT」3機種の新製品を発表した。吸盤式の車載取り付けキットを採用している。発売は10月8日から。価格はオープン。

 吸盤式の車載取り付けキットは、吸盤を押さえ、レバーを下げ、ナビを装着するという3ステップでの簡単取り付けが可能とのこと。見やすい位置に合わせて取り付け場所を自由に変更できたり、ナビゲーションが不要なときは取り付けキットごと外したりできるという。

 内蔵メモリは8GバイトのSSDを採用。全国1157エリアで建物の型や道路幅の違いを表示した詳細市街地図を収録したほか、電話番号検索約4000万件、住所地番検索約3500万件、ジャンル検索約450万件、3Dリアル交差点約5440画像、方面看板表示約29310画像などHDDナビゲーション同等の豊富な地図情報を備えたとのことだ。

 モニタサイズは、SD630DTが6.2インチ、SB541DTとSB531DTは5.2インチとなる。全機種にワンセグチューナーを内蔵し、SDカードへの録画に対応。予約録画も可能だ。

 SB541DTとSB531DTは本体重量約270gというコンパクトボディをいかし、「ウォーキングサポート機能」を内蔵。現在地と目的地を結んだ直線を表示する「行き先ビーム表示」機能を装備している。

 電源は、SB541DTとSB531DTが内蔵リチウムバッテリを採用。SD630DTはバッテリパック対応となる。なお、SB531DTのみ渋滞情報を表示するFM多重VICSに非対応となっている。

  • NV-SD630DT

  • NV-SB541DT

  • NV-SB531DT

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]