logo

ソニー、コントラスト比12万対1を実現した「ブラビア ビデオプロジェクター」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月15日、フルHDパネルを搭載したプロジェクターとして、12万対1の高コントラスト比を実現した「ブラビア ビデオプロジェクター・プレステージモデル VPL-VW85」と、エントリーモデルながら6万対1の高コントラスト比を実現した「VPL-HW15」の2機種を発売した。10月25日から販売を開始する。価格はVPL-VW85が63万円、VPL-HW15はオープンだが市場想定価格は35万円前後となる。

「VPL-VW85」 「VPL-VW85」

 VPL-VW85は、独自のフルHDパネル「SXRD」を採用し、映像の明暗表示を強化したとのこと。光の量を自動制御する新開発の「アドバンストアイリス3」と合わせ、12万対1のコントラスト比を実現したという。また、光学ユニット内の漏れ光を徹底的に低減する「特殊フィルターと光学補償板」も高いコントラストの実現に貢献しているとのことだ。

 これにより、高精細な階調表現が可能となり、より深い黒と自然で豊かな色表現を両立した。大画面環境では、映画のアクションシーンなど動きの速い映像において、ブレやぼやけを低減した鮮明な画質と残像感の少ない高精細な映像を再現するという。なお、輝度は最大800ルーメンとなる。

「VPL-HW15」 「VPL-HW15」

 VPL-HW15は、VPL-VW85に搭載したアドバンストアイリス3や特殊フィルターと光学補償板などを備えることで、エントリーモデルながら6万対1の高コントラスト比を実現した。明るい映像はより明るく、暗いシーンはより濃密な黒を美しく表現し、自然で豊かな階調表現が可能だ。輝度は最大1000ルーメンとなる。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]