logo

グーグル、「Google Voice」と「Gmail」の連携を強化

文:Rafe Needleman(CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、福岡洋一2009年09月11日 11時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Google Voice」の2つの小さな新機能が「Gmail」に組み込まれた。1つは、Google Voiceに送信されたテキストメッセージを電子メールメッセージとしてGmailに表示するというオプションだ。ユーザーはGmailからもメッセージに返信できるようになり、テキストメッセージによる会話を続けるうえで優れたプラットフォームとなる。

SMS機能 Google Voiceに送信されたテキストメッセージをGmailのインターフェース内に表示し、返信できるようになった
(提供:Rafe Needleman/CNET)

 もう1つは、Gmailビューア内からGoogle Voiceのボイスメールメッセージを再生できる「Gmail Labs」の新機能だ。これまでGmailは、ボイスメールを文章化した写しを送信していたが、音声ファイルを再生させたい場合は、そのために新たなブラウザウインドウを開いていた。

ボイスメールプレーヤー機能 Google VoiceプレーヤーがGmailのインターフェースに埋め込まれた
(提供:Rafe Needleman/CNET)

 だが、ちょっとした問題がある。2つの機能はテーマとしては関連しているが、有効にする方法が異なるのだ。SMS機能はGoogle Voiceの「Settings」タブ内で設定するのに対し、GmailのボイスメールプレーヤーはGmailの「Labs」タブの中で設定する必要がある。また、GmailでGoogle VoiceのSMSメッセージを受け取り、返信するのが容易になったとはいえ、GmailのSMS機能を有効にした後でも、筆者はGmailからGoogle VoiceのSMSで会話を始める方法が分からなかった。

 方向性としては望ましいと思う。筆者は今でもGmailのユーザーインターフェースを大変気に入っているというわけではないが、電子メール、ボイスメール、SMSメッセージをすべて1カ所で閲覧したり管理したりできるのは素晴らしいことだ。「Google Wave」が「Universal Inbox」の機能に近づいていくとすれば興味深い。

 Googleは今回の拡張機能について、Google Voice Blog(SMS機能)およびGmail Blog(ボイスメールプレーヤー)で発表した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]