logo

低価格PC、ネット接続に満足も画面表示には不満--IDC Japan調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは8月31日、6月に実施した国内家庭市場におけるポータブルPCの利用状況調査の結果を発表した。低価格PCの購入ユーザーは、その用途や位置づけを理解して購入しており、インターネットアクセスに関しては満足度が高い一方、画面表示に関する満足度は低いという。

 低価格PCとは、インテルAtomプロセッサーおよびVIAのプロセッサを搭載し、画面サイズが7インチ以上13インチ未満のノートPCを指す。

 ユーザーは、低価格PCの価格がイー・モバイルのPC購入同時加入キャンペーンによって、さらに購入しやすいというイメージを持っていることがわかった。イー・モバイル同時購入キャンペーンによる低価格PCの購入価格は1000円から3万円未満が中心。また、100円でPCを購入している回答者は、低価格PC購入者の約17%を占めた。

 CULV(Consumer Ultra Low Voltage)タイプのCPUを搭載したポータブルPCが一般のポータブルPCよりも安価で発売されている状況については、一般のポータブルPCを購入した回答者から見ると、CULVタイプのポータブルPCも安く、十分な画面サイズであると思われている。ただ、低価格PCを購入した回答者からみるとCULVタイプは高価のため、興味は低いという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]