logo

起動3秒、重さ409g、10時間駆動--シャープ、手のひらサイズのネット端末「NetWalker」

新澤公介(編集部)2009年08月27日 22時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは8月27日、電源を入れてから約3秒で起動し、バッテリ駆動10時間のモバイル端末「NetWalker(ネットウォーカー)」を発表した。市場想定価格は4万5000円前後で、9月25日より順次発売する。

 NetWalkerは、CPUにFreescale Semiconductor社製のi.MX515 マルチメディア・アプリケーション・プロセッサを採用し、512Mバイトのメモリと4Gバイトのフラッシュメモリを搭載したモバイル端末。高さ19.7〜24.8mm×幅161.4mm×奥行き108.7mm、重さ約409gと、胸ポケットに入る大きさで常に持ち歩けるのが特徴だ。

シャープの代表取締役 兼 副社長執行役員である松本雅史氏 シャープの代表取締役 兼 副社長執行役員である松本雅史氏

 シャープの代表取締役 兼 副社長執行役員である松本雅史氏はNetWalkerについて、「携帯電話のほかに持ち歩ける2台めのモバイル端末として、『ケータイ Plus One』という新しい市場を創出する。携帯電話の操作性とPCの機能性を兼ね備え、外出先でのブログ更新やメールチェック、資料作成などの利用シーンを想定している」とコメントした。

 5型のタッチパネル付きカラー液晶(1024×600ドット)と小さいながらも、一般的なネットブックと同じ解像度でウェブ閲覧が可能。キーピッチ約14mmのフルキーボードで文字を入力し、左右の指で画面のスクロールや拡大・縮小を行える「オプティカルポイント」で操作する。これにより、長文の入力や直感的な操作が可能という。

 また、OpenOffice.orgのWord ProcessorとSpreadsheet、ウェブブラウザ「FireFox」、メールソフト「Thunderbird」などがプリインストールされているほか、同社では今後、電子辞書や電子書籍などのコンテンツも提供する予定としている。

 OSは、駆動性やクイック起動に優れたLinux/Ubuntu 9.04(ARM版スマートブックリミックス、シャープカスタマイズ版)を採用。通信機能は、IEEE802.11b/g準拠の無線LANを内蔵しており、通信モジュールでの動作検証も進めているという。

 松本氏は、今後の展開について、「ネットブックや電子辞書のユーザーを取り込んだ海外での発売も検討している。この未開拓な市場で久々の大ヒットになるのではないか」と自信をみせた。シャープでは2009年度に10万台の販売を目指す。

(記事初出時、「『マイクロソフト・オフィス』のWordやExcelがプリインストールされている」との記述がありましたが、正しくは「『OpenOffice.org』のWord ProcessorとSpreadsheet」の誤りでした。訂正してお詫び致します)

  • キーボードの上部、左右に設置されたオプティカルポイントで操作する

  • 右側レッドは、10月下旬に発売予定

  • カラーバリエーションは、右から「PC-Z1-W(ホワイト系)」「PC-Z1-B(ブラック系)」「PC-Z1-R(レッド系)」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]