logo

三菱電機、液晶テレビ「REAL」に新機種--HDD&Blu-ray内蔵機も登場

加納恵(編集部)2009年08月19日 18時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱電機は8月19日、液晶テレビ「REAL」シリーズにおいて、HDDとBlu-ray Discレコーダーを内蔵したBHRシリーズを発表した。37型の「LCD-37BHR300」と32型「LCD-32BHR300」の2ラインアップを揃える。発売は10月30日。価格はオープンだが、店頭想定価格は37型が25万円、32型が20万円となる。

 いずれも320GバイトのHDDを内蔵。フルハイビジョン画質で約40時間、5.5倍録画のAEモードであれば約160時間の録画が可能だ。HDDに録画した番組はBlu-ray DiscやDVDへとダビング保存ができ、Blu-ray Discへの直接録画にも対応する。

京都製作所所長阿部正治氏 京都製作所所長阿部正治氏

 「HDDとBlu-ray Discレコーダーを搭載した液晶テレビは世界初。電源とアンテナ線をつなぐだけという簡単設置モデルなので、AV機器の操作が苦手な人や初心者の人に使ってほしい」(京都製作所所長阿部丸正治氏)と製品コンセプトを話した。

 Blu-ray Discドライブは、ディスクの出し入れのしやすさや安全性を考慮し、ディスクトレイタイプを本体前面に設置。ディスクを挿入するとそのまま再生がスタートするなどの簡単操作が採用されている。

 予約録画した番組の番組部分、またはCM部分だけを自動再生する「オートカットi」や、スポーツや音楽番組の見どころだけを自動再生する「見どころ再生」など、デジタルレコーダー同様の再生機能も備えた。

 地上、BS、110度CSデジタルチューナーは2基搭載しており、2番組同時録画も可能。テレビ向けネットサービス「アクトビラ」には、「アクトビラ ビデオ・フル/ダウンロード」まで対応する。

REAL BHRシリーズ REAL BHRシリーズ

 また、合わせて高画質・高音質モデルとなる新MZWシリーズもラインアップした。40型「LCD-40MZW300」、46型「LCD-46MZW300」、52型「LCD-52MZW300」の3機種が用意され、新開発の超解像技術「DIAMOND HD」や新「DIATONEスピーカー」が内蔵されている。

 DIATONEスピーカーは、薄型テレビながら5.9lの大容量スピーカーユニットを採用したもの。音声補間技術「DIATONE HD」と合わせ、自然で迫力ある音声を再現するという。

 いずれも液晶パネルには1920×1080ドットのフルHDタイプの新「DIAMOND Panel」を採用。ダイナミックコントラスト比2万対1ながら、バックライトを効率的に制御することで、省エネ性も確保しているとのことだ。

 価格はオープンだが、店頭想定価格は52型が35万円、46型が30万円、40型が20万円になる。発売は10月21日から。

REAL MZWシリーズ REAL MZWシリーズ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]