logo

KDDI、携帯電話Linuxを推進する「LiMo Foundation」に参画

永井美智子(編集部)2009年08月14日 19時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話向けのLinuxプラットフォームを推進するLiMo Foundationは8月11日、KDDIが参画したことを発表した。

 LiMo Foundationは2007年1月、NEC、米Motorola、NTTドコモ、パナソニックモバイルコミュニケーションズ、サムスン電子、英Vodafone Groupの6社が設立した業界団体。ソフトバンクモバイルなども参画している。

 KDDIは現在、携帯電話端末のプラットフォームにはQualcommと共同開発した「KCP+」を主に使っている。ただ、5月にはWindows Mobileを搭載した「E30HT」を発売しており、Googleが中心となって開発したLinuxベースのプラットフォーム「Android」を搭載した端末を2010年に発売する計画であるなど、プラットフォームの多様化も進めている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]