logo

日本の通信料金、ネットは安いが携帯が高め--総務省調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省は8月11日、「電気通信サービスに係る内外価格差調査」の2008年度調査結果を発表した。

 同調査は、電気通信サービス料金に関する状況を適切に把握する目的で、毎年度実施されている。東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ、ストックホルム、ソウルの7都市における、インターネット、固定電話、携帯電話、国際電話のサービスについて、2009年3月末時点のTTSレート(対顧客売外国為替相場)により、価格を比較している。

 調査の結果、各都市において最も市場シェアが高い事業者を比較した場合、東京のDSLの月額料金は、NTT東日本の「フレッツADSLモア?+NTTぷららのフレッツ・ADSLセット」の場合が3370円となり、7都市においては平均的、ソフトバンクBBの「Yahoo!BB ADSL 50M」の場合が2938円となり、平均よりも低廉な水準となった。最も高い都市はデュッセルドルフの5479円で、最も安いのはソウルの2137円だった。

 また、通信速度については東京の最大50Mbpsに対して、欧米各都市は7.1M〜24Mbps程度。これを1Mbpsあたりの料金に換算した場合、東京はソウルに次いで格安な水準となった。

 FTTHの月額料金では、東京の水準値は3100円でストックホルムの3031円に次いで安かった。他方、最も高いのはニューヨークの1万1301円だった。

 携帯電話の料金では、月額料金で比較した場合、東京は2600円でパリ5000円、ニューヨーク3800円に次いで3番目に高い水準。最安値はデュッセルドルフの1300円で、ストックホルムの1600円が続いた。

 一方、1分あたりの料金で比較した場合、東京は27.7円で、パリの32円に次いで2番目に高かった。これに対し、もっとも安いのはニューヨークの10円だった。

-PR-企画特集