[レビュー]デジタルノイズキャンセリングの高性能を手軽に楽しむ--ソニー「MDR-NC300D」 - (page 3)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニー
内容:ソニーから登場したインナーイヤータイプのデジタルノイズキャンセリングヘッドホン「MDR-NC300D」。デジタルタイプならではの高性能ノイズキャンセリングを手軽に体験できる製品だ。ノイズの特性に合わせてサウンドモードも搭載し、形・内容ともにカジュアルに楽しめるようになった。

携帯性を考えるならインナーイヤータイプのMDR-NC300D

 MDR-NC300Dは現時点でトップクラスの実力を備えたNCヘッドホンだ。購入時の注意点は1つだけ。やはりバッテリ部分の重量とサイズを利用者がどのように感じるかだ。この中に電池とデジタルアンプまで入っていることを考えると筆者は納得できるのだが、これを大きいと感じる人もいるだろう。購入時にはぜひ実機を見て納得してから選んでほしい。

  • PSPで映画を見るならドラマモードがオススメ

 音質を優先するならMDR-NC500Dや、そのマイナーチェンジモデル「MDR-NC600D」などのオーバーヘッドタイプのデジタルNCヘッドホンがある。こちらの方がドライバユニットの経が大きい分、音の解像感はより高く、音質もよい。しかし、携帯性を考えると筆者はMDR-NC300Dを推したい。

 音質についてもMDR-NC600Dなどに比べて大差がなく、むしろ熱がこもらないインナーイヤーのメリットの方が大きいだろう。コンパクトで静粛性が高く、それでいて音質は申し分ない。交通機関での移動時だけでなく、外出先などでちょっと仕事をする際に集中するのにも役立つアイテムだ。いまNCヘッドホンの購入を検討しているなら、必ずチェックしておきたい製品だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]