logo

「Bing」、マイクロソフトの検索シェア微増に貢献--米7月調査

文:Dong Ngo(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年08月04日 12時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブ分析企業StatCounterは米国時間8月3日、「Bing」によって2009年7月の米国検索市場におけるMicrosoftのシェアが少し増加したという分析結果を発表した。Microsoftの7月のシェアは、6月の8.23%から増加して、9.41%であった。

 7月のMicrosoftとYahooを合わせた市場シェアは20.36%で、6月の19.27%から少し増加した。圧倒的な市場シェアを誇るGoogleの7月のシェアは、6月の78.48%からわずかに減少し、77.54%であった。

 MicrosoftとYahooは先週、MicrosoftがYahooに検索機能を提供し、Yahooが両社の優良広告主に対しワールドワイドで独占的な販売契約を結ぶという提携にこぎつけた。

 StatCounterの分析結果によると、世界の検索市場という土俵の上では、両社は、よりいっそう大きな課題に直面するという。7月の世界の検索市場におけるMicrosoftとYahooを合わせたシェアはわずか8.77%。なお、6月のシェアは8.45%だった。一方、Googleは依然として世界の検索市場を独占しており、7月の世界検索市場のシェアは89.23%であった(6月の89.8%からは微減)。

 StatCounterは、300万以上ものウェブサイトを対象に、6月と7月にデータを収集した。検索エンジンからの10億件の流入(そのうち2億5800万回は米国から発せられたもの)の分析に基づいている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]