logo

NEC、人工衛星向けイオンエンジンの開発で米エアロジェットと協業へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECと米Aerojet-Generalはは8月3日、人工衛星向けイオンエンジンの開発、販売において協業すべく、検討を開始したと発表した。NECは、小型マイクロ波放電式イオンエンジンについて今後3年間で20億円の受注を見込んでおり、米国の人工衛星向け小型イオンエンジン市場において6割以上のシェア獲得を目指す。

 NECは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発したマイクロ波放電式イオンエンジンをJAXAの委託を受けて製造している。このエンジンでは、イオン生成にマイクロ波を用いる独自技術を使うことで、従来のイオンエンジンに比べて2倍以上の長寿命と高信頼性を実現したという。JAXAの小惑星探査機「はやぶさ」に搭載されており、宇宙空間において3万時間以上の長期運用に成功している。

 Aerojetは、人工衛星や宇宙機用エンジンにおける世界のリーディングサプライヤー。特に商用衛星の最大市場である米国において多くの実績をあげている。両社はJAXAの開発成果を利用して、汎用の小型マイクロ波放電式イオンエンジンを共同で開発し、日本や米国を中心に販売したい考えだ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]