logo

ナナオ、超低輝度モードで疲れ目を軽減する24.1型ワイド液晶ディスプレイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ナナオは7月30日、液晶ディスプレイ「EIZO FlexScan」シリーズから、疲れ目の軽減を図った超低輝度モードを搭載した24.1型ワイド「EIZO FlexScan S2433W-H」を9月1日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は9万4800円前後の見込み。

 超低輝度表示の「EyeCareモード」を搭載。画面の明るさを約3cd/m2まで低減し、疲れ目症状を軽減できる液晶ディスプレイ。また、周囲の明るさを検知して、ディスプレイの輝度を調整する自動調光機能「AutoEcoView」を備え、消費電力の削減も図った。

 解像度1920×1200ピクセルのWUXGA表示が可能。Adobe RGBカバー率96%の広色域に対応するほか、高い階調特性を実現する10ビットの内部演算処理、見る角度による色の変位を抑える広視野角パネルなども採用する。最大輝度は360cd/m2。

 入力端子は、HDCP対応のDisplay Port×1、HDCP対応のDVI-D24ピン×1、D-Subミニ15ピン×1を装備する。本体サイズは幅56.6×奥行き20.85×高さ45.6〜53.8cm、重さ10.2kg。カラーはセレーングレイとブラックの2色。

ナナオ=http://www.eizo.co.jp/
「EIZO FlexScan S2433W-H」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]