logo

富士通研究所ら、小型ロボット向け高速画像処理モジュールを発表

新澤公介(編集部)2009年07月27日 20時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通研究所と富士通九州ネットワークテクノロジーは7月24日、次世代ロボット向け画像処理モジュール「NXV1-NTSC-PCB」および「NXV1-1394-PCB」を共同で開発したと発表した。同日より販売を開始している。

 NXV1-NTSC-PCBおよびNXV1-1394-PCBは、ロボットが3次元の形や動きを認識するための組み込み式画像処理モジュール。次々と入力されてくる画像に対し、局所的に明るさが変化する領域を抽出し、複数の物体における動きや形を認識できる。

 両社によると、上記のような画像処理を高性能なPCや専用の装置が実行するには膨大な計算量が必要となるため、リアルタイムで処理できる領域が数百カ所に限られてしまうという。このため、小さな物体や遠くにある物などは、3次元として認識することができなかったとしている。

 今回発表されたモジュールでは、3次元計測や動き計測、パターン認識を共通化する画像処理LSIにより、2400カ所の領域を認識することが可能になった。また、従来機種に比べ5倍以上の速度で計算処理ができるため、より早く3次元として認識できるという。サイズが高さ120mm、幅100mm、奥行き40mm、重さ180グラムと小型なため、小型ロボットへの組み込みが可能だ。

 価格は、NXV1-NTSC-PCBが30万円(税別)。NXV1-1394-PCBが35万円(税別)。大学の研究機関や画像処理の組み込み機器を開発する企業向けに販売する。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]